用賀「うな茂」のうな重

うなぎが美味しい用賀の「うな茂」で美味しいうな重を頂く日曜日

【2016年11月4日 追記】 現在、用賀のうな茂は閉店(?)してしまったようです。。残念!   用賀のうな茂にお邪魔して、美味しいうな重を頂いてきました。 本当は寿司!という気分だったので…

Sponsored Links

【2016年11月4日 追記】

現在、用賀のうな茂は閉店(?)してしまったようです。。残念!

 

用賀のうな茂にお邪魔して、美味しいうな重を頂いてきました。

本当は寿司!という気分だったのですが、土曜日の豪雪のおかげで、軒並みお店はお休みになっていて、運よくおいしそうなうな重のお店を発見しました。

昼間ということもあり店内はあまり混んでいなかったので、ウーロンハイとだし巻き玉子から始まり、冷えたシャキシャキのトマトに塩!

やはりトマトは塩が美味い!マヨネーズではなく、塩!

うな重は中々食べる機会もなく頂いていなかったし、うな重とうな丼の違いもわからないくらいだったので、とろふわの美味しいうな重でした。

うな茂の店主さんにうな重とうな丼の違いを聞いた所、部位も同じだし、調理も同じだけど、どうやらうなぎのサイズが違うということでした。

さらに、うな茂では、「うな丼ダブル」(?)というメニューがあり、これはなんとうなぎがご飯とご飯の間に挟まれているということ!

ハンバーガー的な、高級なのり弁的な仕様だそうで、うな重を頼んでから聞いてしまったので、次回は間違いなくうな丼ダブルでいきたいところです。

そんな中で、うな重の粋な食べ方の話になりまして、うな重は重箱というのか、ふたがついている訳なのですが、

粋な人になると、うな重のうなぎは一度重箱からだし、ふたに乗せて別盛りにするのだそう。

そしてうなぎを肴に日本酒等をくいっと一杯やり、一段落したら少したれのかかったご飯とお新香で搔っ食らう。

これが粋な食べ方なのではないかという結論になりました。

そば屋さんで天ざるを頼んで、天ぷらで一杯飲み、最後にそばをかき込む、そんな感覚です。

用賀でうな重食べるならうな茂へどうぞ。

三上 龍志
Cain 代表。1985年仙台生まれ、東京育ち。趣味は旅。 ウェブに携わって12年。ウェブデザイン・コーディング・システム開発・ディレクター・営業・運用コンサルティングなど、ウェブ制作に関する一通りを行なってきました。ウェブを使ったブランディングと集客・顧客の囲い込みなどをご提案しています。(制作もします。)