ブラウザのCSS3とHTML5のプロパティ対応チェックツール

CSS3とHTML5のブラウザバージョン対応を一括チェックする便利ツール

CSS3やHTML5を使ってウェブ制作をする際、プロパティがどのブラウザまで対応しているのか知る必要があります。各プロパティのブラウザ対応状況を一括でチェックする便利なWebサービスをご紹介します。

Sponsored Links

HTML5やCSS3を使う時、それらのプロパティがどのブラウザまで対応しているのか知る必要があります。

全てのブラウザやOSのチェックをするのは非現実的だし、かと言ってクライアントワークであれば対応ブラウザを考慮して制作することは必要不可欠です。

そんな時に対応ブラウザが一目瞭然でわかってしまう、更にはそのブラウザのシェアまでわかるというスペシャルなサービスがこちら。

Can I use

Can I use

https://caniuse.com/

Can I use というサービス。この画面の「Can I use _____?」のアンダーライン部分にプロパティを入れると簡単に調べることができます。

例えば「text-overflow」というプロパティを入れて見ましょう。

text-overflow のブラウザ対応結果

写真だと小さくてわかりづらいですが(汗)、画面下部の緑バーが見えていると思います。この状態だと現行のブラウザは対応していることがわかります。対応していない場合は赤いバーになります。

以下の写真は「text-orientation」と入れた場合。

text-orientationのブラウザ対応

こちらだと、IEなどいくつかのブラウザが対応していないことがわかります。

まあ、解説よりも使って見るのが早そうですが、簡単に使えて便利なのでオススメです。

三上 龍志
Cain 代表。1985年仙台生まれ、東京育ち。趣味は旅。 ウェブに携わって12年。ウェブデザイン・コーディング・システム開発・ディレクター・営業・運用コンサルティングなど、ウェブ制作に関する一通りを行なってきました。ウェブを使ったブランディングと集客・顧客の囲い込みなどをご提案しています。(制作もします。)